「パラサイト 半地下の家族」「劇場版 新幹線変形ロボ シンカリオン 神速のALFA-X」感想

先日、今話題の映画「パラサイト 半地下の家族」「劇場版 新幹線変形ロボ シンカリオン 神速のALFA-X」を観てきました。

これが期待以上に面白かったので、興奮さめやらぬうちブログに感想でも記してみることにします。
出来る限りネタバレは避けますが、内容に触れる部分がありますので鑑賞前の方はご注意ください。

「劇場版 新幹線変形ロボ パラサイト 半地下のALFA-X」あらすじ

半地下住宅に住むキム一家(父、母、長男、長女)4人は全員失業中で貧しい生活を送っていた。
ある日、地球を征服するため、新たな敵・ナハネ、オハネフそして謎の巨大怪物体が現れる。
IT企業のCEOであるパク氏の家族と半地下の家族、正反対の2つの家族が出会うとき時空を超えた感動の戦いが今、始まる!

── 現在と未来をつなぐシンカリオン、発進!

感想

いや~~~最高のエンタメ作品でした!

内容は放送を終えたTVシリーズ「新幹線変形ロボ シンカリオン」の続きを描いた物語ですが、

お馴染みのキャラクター大集合に加え『ゴジラ』『エヴァ』『ソン・ガンホ』とのコラボ!盛りだくさんにも程があるお祭りムービーでした。

この作品のスゴイところは、ただのお祭りで終わらず「貧富による社会格差」というテーマを扱う風刺的映画の側面も持ち合わせているところですよね。「大人になっても好きなものは好きなままでいい」というギウの台詞は僕のようなオタクにぶっ刺さらないわけがありませんでした。泣いた。

物語の前半で、下町の半地下住宅に住むギテク一家が金持ちのドンイク一家をブラックシンカリオンオーガライジングモードで破壊するくだりは圧巻でしたし、後半は作中でも意味深なキーアイテムとして扱われていた「水石」が「漆黒の新幹線」との繋がりをちらつかせ始めドラマ的にもかなりドキドキしました!父ギテクが金持ち一家の庭園でドクターイエローを呼びケンソクレーザーシールドを展開するシーン(予告で確認できます)もめちゃくちゃ熱かったですね!

そして衝撃のラスト…!

あまりにも悲しい、取り返しのつかない事態が起きている中で流れる主題歌、BOYS AND MENの「ガッタンゴットンGO!」はその文学的な歌詞も相まって、なんとも言い難い独特な空気を演出していましたね。

いや~~~久しぶりにすごい映画を観たな!と思わせてくれる作品でした!楽しかった~~~~~みんなも観てね~~~~~~!!!!!!!

About ただすめん 20 Articles
オタク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*