裁縫音痴が可愛い人形を作ろうと思ったら特級呪物並みの代物が出来た件

📢この記事は外部ライターさんが書いてくれたくそ記事です。あなたからのご寄稿もお待ちしています!(寄稿方法はこちら)

はじめまして、小雪達磨です。

私情ですが、最近体重が107キロの大台にのりました。

そんな私が紹介しますは、最近流行りの特級呪物もとい裁縫音痴が造り出した悲しき怪物の話です。

【初めに】

悲しき怪物が生まれた経緯は、雪国の田舎町に生まれた悲しき喪女の心配からでした。

「最近外に出て誰とも会話してないな……」

「このままだと買い物に行った時に声が出ない場合がある……」

「袋は何枚必要ですかと聞かれてあ…あ…ってカオナシになるのだけは避けたい……」

「何か、人の形をしたものと会話がしたい……」

「人形、作るか」

これが悲劇の始まりとは、私もまさか思ってはいなかったのです――――

【人形を作るにあたり】

そもそも、人形ってどう作るのか。

裁縫針なんて高校の家庭家以来触れたことのない遺物。

ミシンなんて文明の利器はこの田舎家にはありません。

しかし、自分の弱さを知らない人間ほど大きく出ることが多い昨今。

「とりあえず人間の形をそのまま作れば良いんだろ!」

そんな呑気な心持から、始めた裁縫は、諸々を端折って言いますと1日で終わりました。

そして作り上げたのが、此方の一品。

【完成】

……? これは……人形か……?

確かに人の形はしています。足の指まで作り込んだ大傑作の筈です。

しかし、この姿は?私は可愛い人形を作っていた筈なのに?

モンスターを作ってしまったヴィクター・フランケンシュタインってこんな気分なんでしょうね。

取り敢えず全体を映していきます。

まず顔。此方はちょっとした遊び心を出したいと思い、色の違う布地を組み合わせてみました。

Q:何故これを作り出した私は眼球をビー玉で作ろうとしたのでしょうか。

A:表情を作る為です。オッドアイと言う中二心を騒がせるアイデアも入れてみました。

実はこの目、手動で動かせるんですが、絵面が最悪なので此処では撮影しないことにします。

人前でこの人形の芽を動かすとサイコパスの名を頂けること間違いなしです。

次に体。無駄にくびれを作っているあたりに自分のこだわりを感じて腹が立ちます。

因みに胸元ですが柔らかいです。ふかふかしてます。やはり胸はふかふかしてないとですね。

そして此処は作成に困難を極めました手です。

ちゃんとポージングを取れるように針金まで入れているところに私の熱情を感じて欲しいですね。

関節。このあたりは飽きたので雑です。

全体の大きさを比べる為に、漫画本を置いてみようと思います。

今回は少年漫画としてもスタンダードなワンピースで。

大きさはワンピース7巻分。想像以上には大きいですが人間で言えば華奢なタイプですね。

重さは5kg。私の20倍以下です。

【心の変化】

こんな風に遊んでいるうちに、私の中に何らかの変化が現れてきました。

あれ……こいつ……意外と可愛いのでは……?

今まで意識してなかった幼馴染を可愛いと思うような、そんなとち狂った感覚が私の中に芽生えます。

「そうだ、昔一回だけ着て着れなくなった部屋着を着せてみよう!」

その昔、まだ体重が今の半分もなかった頃の部屋着を着せてみました。

可愛い!

可愛い!

可愛い!

こうしてみると、たとえ最初は化物でも一緒に遊んでいるうちに可愛くなってくることが分かりました。

私はヴィクター・フランケンシュタインよりも賢いのではないか? そんな錯覚までしそうになります。

ベッドに置いて写真撮影などしますと、週刊少年チャンピオンのグラビア級のなんだかイケナイコトをしている気がします。

そんな撮影をしていたところ、妹が私の部屋に入ってきました。

「うわ、何この呪物。特級モノじゃん」

え……?

こんなに可愛い人形ちゃんが……?

特級呪物……?

【終わりに】

このような経緯を経て、裁縫音痴の人間が悲しき怪物、もとい特級呪物並みの代物を創り出すという事件置きました。

人形は今も、私の部屋の片隅に置かれています。トムさんもこう言っているのですから。

「誰を傷つけようと世界を滅ぼそうと」

「生みの親だけはそいつを愛さなくちゃならねえ」

「生み出した奴がそいつを否定しちゃならねえ」

ワンピースでも屈指の言葉だと思います。

ちなみに人形の名前はジュジュちゃんになりました。

これからも記事に時々登場するかもしれませんが、どうか可愛がってやってください。

【おまけ】

貴方も部屋に眠っている布ウエスやハンカチや祖母ちゃんが集めてるよく分からない端切れを使って最強のジュジュちゃんを作ろう!ここにジュジュちゃんの召喚材料を記載しておきます。

新聞紙(中ワタの代わりになります):10部

ハンカチ(柄になります):数枚

布ウェス(皮膚になります):1袋

針金(骨になります):5mくらい

ビー玉(目になります):2個

サランラップ(目になります):少々

鋼の錬金術師では人間の原材料は子供の小遣いでも買えると聞きますが、ジュジュちゃんは破格の1000円以内で完成しました。等価交換で自分自身を奪われる可能性もありませんので安心して御制作ください。

書いた人

小雪達磨しがない物書き
しがない物書きです。
最近体重100kgを突破しました。

くそ記事

Posted by 小雪達磨