【教えて】むかしのインターネット文化「キリ番踏み逃げ厳禁」ってなぁに?

2000年頃のインターネットに存在した不思議な文化について書いてみます!!

たろうくん:とっても元気な小学生だよ。

ケンタ兄さん:パソコンに詳しいマッチョなお兄さんだよ。

たろうくん キリ番踏んじゃう の巻

今日も楽しくネットサーフィン♪
おや? なんか変なサイト発見! ……ポチッ

あなたは10000人目の訪問者です! だって!
わぁ、ぴったりキリの良い数字! ラッキー!

よかったね! たろうくん! キリ番ゲットだ!

キリ番ゲット? なにそれ?
……あっ、てかもうこんな時間! そろそろ寝なきゃ!
おやすみ! ケンタ兄さん!

……おっと、それはいけないね? たろうくん。

え?

アクセスカウンター下の注意書きをよく読んでみようね。

書いてあるね。

キリ番踏み逃げ厳禁って書いてあるね!!!!!!

え! なに?! どいういうこと?!

約束を守れない子には お仕置きが必要だね。

ギャアアアアアアアアアアアアアアアッ

天国のたろうくんへ

キリ番とはキリがよい番号の略だよ。
10、100、500、とかね。

今では見ることが少なくなったけど、昔の個人サイトには、そのサイトに足を踏み入れた人数をカウントする「アクセスカウンター」というものが必ずと言っていいほど設置されていたんだ。

アクセスカウンターの番号がちょうど「キリ番」になったときにサイトにアクセスした人が、キリ番を踏んだということになるわけだね。

キリ番を踏んだ人は、そのサイトの管理人(作者)に報告をすることで様々な特典をもらうことができたんだ。定番なものだと「トップページに名前を載せてもらえる」「記念イラストを描いてもらえる」とかね。

……。

さぁ、ここからがたろうくんの犯した罪についての説明だね。

ここまでの話を聞けば「キリ番踏み逃げ厳禁」という言葉の意味もわかってきたんじゃないかな。

そう、一部のサイトでは「キリ番を踏んだにも関わらず報告をしない」という行為を禁じていたんだ。

さっぱりわからない?

……そう思うのも無理はないね、だってたろうくんは、好きでキリ番を踏んだわけでもないし、そんな面倒なルールを勝手に押し付けるだなんて非常識だと思うよね。

でもそれが、個人サイト内謎ローカルルールがはびこる混沌のむかしインターネット。


かわいそうなたろうくん。

お墓にはキミの大好きだった雪見だいふくをお供えしておくね。


ケンタ兄さんより

今日の学び:キリ番踏み逃げすると死ぬ

なんて理不尽なルールなんだ。
トホホ……。

About ただすめん 18 Articles
オタク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*